鈴木悦郎先生

鈴木悦郎先生が帰天されたとのこと。
ツイッターからの情報で、さきほど知りました。
あーーー とてもとても残念です。

(⇒ 田村セツコさんのブログ

あるぴーのでの展は最後にされるというお話でしたが、
一時代を築かれた悦郎先生のお仕事は、今も新しく・・・
今年は お茶碗など実用品も、再販されたばかり。

なんだかぼーっとして、なかなか眠れなくなりました。
あれやこれや観ながら、悦郎先生を偲びたいと思います。

ご冥福をお祈りします☆



探してみたら・・・ 何度かブログにも、悦郎先生のことを
書いていました。

古巣のブログからも、ひっぱってきました。 (⇒
このブログからも・・・ (⇒

| 琴子 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

ことり文庫さん

東京の世田谷・梅丘で出していたお店を閉め、
一週間前に 鎌倉・極楽寺に開店した ことり文庫さん

子どもの本に対する 確かな目と
どんどん つき進むパワーと
楽しい企画力を備えた 子どもの本屋さん 開店です♪

再リニューアルオープンまでに、出産も引っ越しも経験して
ますますパワーアップした ことり文庫さん。
1歳の小さいさんも 日によって登場してくれるはずです。

  営業日は 木・金・土

  営業時間は 10:00〜17:00

わたしはまだ行く機会に恵まれていませんが・・・
ゴトゴト江ノ電に揺られて行くんだー
海に散歩に行って 富士山を観るんだーと、
心に決めています。

お店のHPにも、江ノ電が走っていますよ。
新生HPはこちら。ことり文庫HP
お店の情報は、ことり文庫日誌と、
日誌の中にある ツイッターボタンから登録⇒フォローして
ぜひチェックしてみてください。

| 琴子 | 22:47 | comments(4) | trackbacks(0) |

かたくな

拝啓 かたくなさん

洗濯ものを干すたびに、目につく ”かたくな”さん。
こんなところにもいたのねぇ(汗)・・・なんて、
つぶやいたのが、気に入らなかったのでしょうか?

いったい なにを思って、ずっとこの状態なのでしょう?
寒暖が激しすぎて、咲く気をなくしちゃったの?
他の花は、とっくに咲いて、散ってしまったのに。
もう咲いていい時期なんだよ。
軽く10日、こんな感じで ゆらゆらゆらゆら。

気になりますよ、咲かない”かたくな”さん。

咲いたときの喜びが、この上ないってわかっているから
安心して 咲いてください。
待っています。

 ちゅーりっぷ

| 琴子 | 16:20 | comments(4) | trackbacks(0) |

お知らせとお菓子

まずは、地元図書室でのおはなし会のお知らせです。

今週土曜日、おはなし会の予定でしたが、図書館点検で
閉館のため、おはなし会中止ということになりました。
もっと早くにお知らせが欲しかったなーというところですが・・・
こちらを見ていらしてくださっている方に、取り急ぎ
お知らせしておきます。
次は、7/9(土)です。よろしくお願いします。

            

生協で購入する商品の中で、おいしいものはいろいろありますが。
産地フェアのような企画ものに、楽しませてもらっています。

今回フンパツしたのは、北海道の Hokkaido マトリョーシカ
ハスカップ餡とハスカップジャムを チーズ風味のスポンジで包み
さらにホワイトチョコでコーティングした たまご型のお菓子。

この包みがまた凝っていて、友人のところにやってきた
マトさんたちと、うちのとでは、包みの柄が違うことが判明しました。

マト菓子 じゃん!

うちのマトさんたちの持ち物は、
”くま・時計台・すずらん・とうもろこし、鮭”でしたの。

ちなみに友人宅に届いたのは、こちら ⇒ 



近いうちにきっと、東北フェアが企画されるのではないかと
心待ちにしています。

東北のたまご型お菓子といえば、南三陸のかもめの玉子。
斉藤社長さんの撮影された 津波の画像には言葉が出ず、
ただひたすら涙しましたが、先日テレビで、2回も流された
初代看板が無事に見つかり、従業員の方もみな無事で、
生産ラインも動き出したという話を聴きました。
”かもめの玉子” 大好きなお菓子です。
より一層 大事にいただきたいと思います。

さいとう製菓さん ⇒ 

| 琴子 | 21:38 | comments(6) | trackbacks(0) |

鈴木まもるさん講演会

今度の日曜日、鈴木まもるさんの講演会があります。
うちでは、鈴木さんといえば、竹下文子さんとの絵本が人気ですが、
実は鳥の巣でも有名な方。

今回は、『絵本と子育て・鳥の巣の不思議』 という題でお話して
くださるそうです。
 
 6/5(日) PM1:15〜3:30
 於: 練馬区立貫井図書館 視聴覚室

  主催・この本だいすきの会・練馬支部
  後援・佼成出版社

詳しくは、いつもお世話になっている、こひつじ文庫さんのページから
ご確認ください。(

つみきでとんとん せんろはつづく
鈴木さんのファンタジックな絵本がだいすきなKohaですが、
最近はお気に入りが、『くるまかします』

くるまかします

実はわたしも、鈴木さんの鳥の巣の世界は未知なので、
koha連れて楽しみに伺う予定です。

| 琴子 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

クウネルに

クーネル クウネル(

雑誌ku:nelは、写真や読みモノが好きなので、定期購読
しています。


最新号を読んでいたら、三重・四日市の有名な本屋さん
メリーゴーランド」のことが、見開き4ページにわたって
書かれていて、まだ一度も訪れたことのないわたしは、
ほぉ〜と興味津々で見入りました。

もう35年間もその地にある本屋さんなんですね。
大好きなつつみあれいさんのブログなどでもお馴染みだし、
店主の増田さん(ひげのおっさん)のお名前とお顔だけは、
フェリシモの刊行本や、いろんな企画で見知っていたけれど、
本屋さんをするにあたっての想いや準備や、その後の企画など
とてもワクワクしながら読みました。

気になったのが、右上に載っていた「ひげのおっさんのコーナー」
という手作り新聞。
その記事の細かい字を追って行ったら・・・・

先日5/14に書いた 江國香織さんの
『いちねんせいなったあなたへ』についての感想が!

 ・・・・もう読みましたか?

 それはそれは、25編もの江國さんの応援歌がページごとに
 くり広げられている。驚きました。感動しました。
 これぞ!!新しい詩だ!!元気の出る詩だ!
 大人たちはぽかんと口をあけて驚いているとなりで、きっと
 子どもたちはニンマリとほくそ笑んで、ぼくもわたしも、江國さんの
 パレードについていってしまうのだ。負けるな 大人たち。・・・・・

                 (ku:nel vol.50  p.50より)

もう大共感!そうなのですよ、ほんとうにそう。
誰かとそう言いあいたかったので、紙面のこちらで勝手にもりあがって
しまいました。
ありがとう、ひげのおっさん。

| 琴子 | 23:18 | comments(4) | trackbacks(0) |

エンシエロ

昨夜、ゆっくりテレビでも観ようとつけたら、タイミングよいことに
ロバの音楽座の長井さんが、”セルパン”という楽器の演奏で
番組に登場。
(セルパン ⇒ 
そういえば、クリスマスコンサートでもお話されていたんだった!

番組がおもしろくて、そのままつけっぱなしで観ていると、
そのうち、オンデマンドの2時間番組がはじまって、
おもわず釘づけに。

「体感! 世界の祭 疾走!エンシエロ 牛も走る 人も走る」
       スペインのサン・フェルミン祭

聞いたことはあったけれど、映像を観るのははじめて。
なんでしょう、このお祭り!

このエンシエロにかける意気込みと、
祭りを楽しみにしている人の多さにまず驚く。

去勢牛6頭、闘牛6頭が、一斉に午前8時に放たれ、
細い道々を闘牛場まで走り込む。
牛たちの前や後をたくさんの人々が走り、時に負傷者だって
出るお祭り。
それが、8日間も続くのだ。

道は直角に曲がる角がひとつあり、直前に水がまかれて清められるため
たびたび、牛がすべって転倒する。
一斉に放たれた牛の中で、遅れをとりはじめる牛は、迷走し、
凶暴化したりする。

いかに、牛に近い位置で走れるか、危険と隣り合わせの中の
高揚感は、人生観まで変えてしまうのだと、何人もの人が
インタビューで答えていた。

すごいお祭り、エンシエロ。(⇒
ドキドキしながら観終えて、ドキドキしながら眠りについた。
世界中の不思議に、こうして魅せられる。
世界は広いなぁ
自分の中にあるものなんて、ちっぽけなことだと想う。

| 琴子 | 22:50 | comments(2) | trackbacks(0) |

よいお年を
年の暮れには、やっぱりコレです。
どうぞみなさま よいおとしを。

 ぐりとぐらの1ねんかん

   カレンダーは

   12がつで おしまい

   もうすぐ ことしと おわかれ

   さよならパーティしましょう

   みなさん どうぞ きてください

   ごちそうつくって まってます

   きたひとは

   ことし いちばん うれしかったことを

   おはなししてください


   ではまた らいねん

   みなさま おそろいで

   よいとしを おむかえください
| 琴子 | 07:31 | comments(6) | trackbacks(0) |

アドベント

今日は第二アドベント。
今日から2本のろうそくがともりはじめます。

今年はクリスマス支度がとても遅れ、ツリーも12月に入ってから。
この本の☟
イェンセン家のクリスマス
イェンセンさんのクリスマスの様子に刺激され、
11月最後の2日で、真似っこアドベントカレンダーを作りました。

アドベントカレンダー
ほんとうは、この上に、サンタさんの顔をつけたかったのだけど
タイムアウト・・・
また、来年でいいかしら。(汗)

12月というのに、暖かい毎日。
自転車で寒くなく、部屋や電車で暑くない格好に、
けっこう頭を悩ませています。 

| 琴子 | 21:00 | comments(10) | trackbacks(0) |

寂しさあいまって
秋は大好きな季節です。
大好きなんだけど…
銀杏並木が金色に光って
キラキラしているのを見ると、
ふと物悲しくなることも。

過ぎてきた時間を想い、
これから過ぎるだろう時間を想う。

変わらないつもりでいても、自分もどんどん
変わっているし、
時代はもっと目まぐるしく
過ぎていきます。

この冬 大好きで頼りにしている絵本やさんが
梅ヶ丘のお店に区切りをつけることに。
それはまた、新たな出発のはじまり

…なんだけど。
やっぱり寂しい気持ちも大きくて。

来月末までの間に、何度行けるでしょう。
さっと行ける距離じゃないのが
ほんとに恨めしい(涙)

どうぞ、いつかは!と思われている方も
お店を訪ねてみてくださいね。

お店では、明日まで、いちかわともこさんの
マトリョーシカ展開催中です。
作品と作者の魅力にうっとり♪
作者在店で、マトリョーシカの
絵付けワークもできますよ。

来月は、クリスマス仕様のことり文庫
なるはずです!

| 琴子 | 11:49 | comments(10) | trackbacks(0) |

Page: 1/3   >>

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode