黒ネコジェニー

ずっと絶版で手に入らなかった黒ネコジェニーのおはなしが
このたび復刊されると聞いて、懐かしくなりました。
この読みもの、Cちゃんととても楽しんだ本だったので・・・。

黒ネコジェニー

そろそろkohaとも読めそうな雰囲気なので、
いつもの「ケイゾウさんは四月がきらいです」を
読み終えたタイミングで、こんどはコレ、読んでみる?と
誘ってみました。

最初はうーん・・・なんて、ぜんぜん乗り気じゃなさそうだったのに、
挿絵のかわいい猫に誘われたのと、話のおもしろさに
どんどん入りこんでいくのがわかりました。

ジェニー・リンスキーという、いかした名前の小さな黒猫が
まじめで、律儀で、がんばりやで、でもときどき
嫉妬もして、それをまた反省して・・・
読みながら、人情味あふれるジェニーに触れて、
こういうところがきっとCちゃんも好きだったんだろうなぁと
思いました。
なにせ、学年一 小さい人でしたから。
自分も励まされていたのかもしれないな。

kohaも、いじめられたり、心が折れそうになっているジェニーの
つぶやきにドキドキしながら、最後にはうまく事が運ぶことに
とても満足しているようでした。

おはなしの設定がいかしていて、
ジェニーのおうちの庭で、夜な夜な開かれる
"キャット・クラブ” という名の集まりがなかなか魅力的なのです。
入会のためには、何か特技が必要というところも
ちゃんとしています。
クラブの会員が、それぞれとても個性的なのもお約束。

手持ちの1巻目には
 *ジェニーがキャット・クラブにはいるはなし
 *ジェニーがネコの学校へいくはなし
 *ジェニーがはじめてパーティに出るはなし
2巻目には
 *ジェニーがマフラーをぬすまれたはなし
 *ジェニーにきょうだいができるはなし
 *ジェニーのきょうだいがキャット・クラブにはいるはなし の
6話が入っているのですが、
今回復刊の3冊には、今まで未訳のおはなしが入っているとのこと。

やっぱり!
2巻目にちょろっと出てくるハロウィーンのおはなしは、
どこにも載っていないなーと思っていたのです。

ジェニーとキャットクラブ ジェニーのぼうけん ジェニーときょうだい
 
今回の復刊では、2巻に知らないおはなし2つが入っているもよう。
これは気になります!
カバーをとった表紙の色もそれぞれ違っているようで、
それも気になる点です。
読みたい、読みたい・・・・ うずうず


しょうぼうねこ 

ジェニーをいじめた このしょうぼうねこ・ピックルズ
この〜!と思ったのははじめだけ。
頼りになるいい相棒ですよV

| 琴子 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode