夏休みの本

夏休みの宿題で読みましょう!と言われているのは5冊で
去年と同じくタイトルのみカードに書いて提出です。
本の感想文がないので、本人いたって、気ままに読書を
楽しんでいて、5冊は楽勝な感じで終わりました。

今年、新たに出会って読んだもの。
ふとんかいすいよく ちびドラゴンのおくりもの

  画像がないのですが、『1077号室は森のなか』 【作】柏葉幸子
                   ひのくま出版 (1985初版)
 (復刊ドットコムでも、復刊が望まれているような古い本)

 市のオススメ本として紹介されていて、読んでみたいと借りてみた3冊。
 kohaのあとに、わたしも読んでみました。 
 どれもひとりで物語を読み始めたこどもに読みやすく、
 印象的なおはなしでした。
 ふとんかいすいよくは、お約束のように、真似して布団ダイブ!

ピンクのれいぞうこ   遠い星から 

 休み中読んだ絵本の中では、これが一番よかったらしい・・・
 『ピンクのれいぞうこ』のおかげで、いろいろできるようになったね。
 大人的には、とても示唆に富んでいる!と思うけれど、
 子どもは単純におもしろかったみたいです。

 『遠い星から』 佐藤さとる幼年童話自選集1は、今月のことり便の1冊。
 小さいお話が8つと、コマ絵童話という 変わった体裁の短いお話が1つ
 入った童話集。
 人形好きのkohaは、最後の「つくえの上のうんどう会」が
 一番気に入っていました。(わたしは『タツオの島』だなぁ・・・)
 挿絵がおはなしによって違うのも、楽しいです。

うちにあって、なかなか手を伸ばすことがなかった本も
読んでみようかなという気になったらしく、
やったー、やっと読む気になったんだね〜という感じ。^^
読み終わっておもしろかった〜と言っているのを聞くと、にんまりです。

紳士とオバケ氏 ねこが見た話 番ねずみのやかちゃん

『ねこが見た話』は、怖がるかと思ったけれど、案外楽しんでいました。
おかあさんがきれいにならない話に、一番反応していました(複雑)

合間合間には、定番で、おもしろさは実証済みの本に立ち戻り、
また次の本へ。

お皿のボタン けんた・うさぎ こぎつねコンチ

テディ・ロビンソンのたんじょう日 ゆかいなテディ・ロビンソン

先日、テディ・ロビンソンの続きを、図書館の新刊棚で見つけて、
夜 いっしょに読んでいるお楽しみ本。
新しい装丁がとてもかわいいし、ことり便で出会えてよかったな〜。

今はやりのものも読んでみたいと、図書館や本屋さんで
自分で選んだものには、好みが出ました。
どうやらこのあたりが、教室の中でははやっている本なのだそうです。
かいけつゾロりも7,8冊借りだしていました・汗)

モテモテおばけチョコレート 火の玉レストラン


学校図書館で借りてきたのは2冊

子ぎつねのおくりもの

 『できたてホヤホヤおもしろ話』 (画像なし)
   【文】木暮正夫  【絵】原ゆたか  岩崎書店
                 
だじゃれ好きなので、なるほどな選書です。

寝そべってダラダラと本を読むなんて、学校がはじまると
なかなかとれない時間なので、清く正しい? 夏の一こまは、なんだか貴重。
休みもあと数日です。

しかし、まだグーグー寝ていて、一向に起きてこないけど、
こんなで学校はじまってしまって大丈夫かなぁ・汗

| 琴子 | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

Comment
☆ネムリコさん

夏休み、とうとう終わってしまいました。
今日はお馴染みの引き取り訓練でした。
お昼を食べたら、さっそく友達と公園へ。元気ですよね〜。
これでやっと、本を読む時間もとれそうです。

「100番目のぞうがやってくる」のこと、教えてくださって
ありがとうございます!
読んでみたいというので、さっそく予約入れています。

わたし自身は、大きくなってから「てのひら島はどこにある」で
佐藤さとるさんのこと、好きになりました。(たぶん)
kohaは「おおきなきがほしい」が好きで、絵本を楽しんでいましたが、
ここで幼年童話に出会ったので、少しずつまたファンタジーの世界が
広がりそうです。
それにしても、全集の数!すごいのですね。驚きました!
Posted by: 琴子 |at: 2012/09/03 1:37 PM
夏休みが終わりましたね。
娘さん同様、ダラダラするのがおしまいなのが、名残惜しかった私です。

「つくえのうえのうんどうかい」なつかしい!
私が小学生の時に、学習という雑誌の特別号?に掲載されていたものです。
それを読んで、佐藤さとるが好きになりました。
「100番目のぞうがやってくる」が、私はお気に入りです。
単行本はもう絶版になっていて、作品集のなかでしか読むことが出来ませんが、図書館の閉架であるかもしれません。
ぞうが大好きで、あらゆるぞうを集めている男の子の部屋に、いつのまにか99個のぞうが…さあ、100番目がいつくるの?というお話です。
娘さん、まだだったら、よかったら読んでみてください。
Posted by: ネムリコ |at: 2012/08/31 11:16 PM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode