鈴木悦郎 絵展楽
友人が教えてくれた あるぴぃの銀花ギャラリーさんの
鈴木悦郎 絵展楽
千秋楽とは知りませんでした・・・。
26日 千秋楽の最終日の午前中、なんとかたどりついて
梱包前の展示作品を 眺めさせてもらいました。

寒い北風の吹く中、休みに入ったkohaを連れて・・・
6年ぶりのあるぴーのさんへ。
この6年間、とてもいろいろなことがあって、12月に
さいたま新都心へ出かけることができずにいたのが
今更ながら悔やまれます。

でも! 千秋楽の楽日に行けたことを感謝しなくちゃね。

ギャラリーの方々も、みな 悦郎先生のファンだというのが
伝わってきました。
絵のエピソードや、今回いらしたときの先生の様子など
いろいろおはなしくださって、ギャラリー内の写真もOKだというので、
何枚か、撮らせてもらいました。

光が入り込むので、ほんとうに数枚 雰囲気だけですが・・・

壽比べ
左の絵は、フランス留学中の風景がもとになったのだそうです。
右の絵は・・・・ 我が家にも♪
(そのときのおはなし ⇒ 

おくりもの
kohaは、この一番右の”おくりもの”が いちばん好きらしい。

むつの花 
わたしは この絵に目が釘付けになりました!
あとから搬入されたものだったそうです。

ギャラリーより
ギャラリーからの店内
ここのお菓子箱も包み紙も、もちろん悦郎先生のデザインなのです♪

今回の在廊時の悦郎先生の写真も、置かれていました。

悦郎先生
88歳の悦郎先生。笑顔がステキ!

詩と音楽の童画家 ⇒ この本の出版のきっかけが、
以前のブログで交流していた、くどーらさんのHPだったと聞いて、
驚きました。
嬉しくて・・・そして、感謝。
もう一度、読んでみよう♪

年の瀬のあわただしさの中、ときどき ETSUROグッズや絵本を手にとっては
じんわり嬉しい気持ちを味わっています。
| 琴子 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode