赤の庭展

年に数回ずつ、不定期の羊毛フェルト教室があり、
声がかかると、ゴシゴシ作品を作りにいくようになって、早6,7年。

今年、国立の桃太郎さん30周年記念ということで、
"赤の庭展”が開かれました。

赤の庭展 赤い木

絵本・児童書店としては、2007年にお店を閉められましたが、
子どもから大人までのアトリエとして、造形教室・
アートセラピーによる水彩画・フェルト教室などの活動の場となっている
桃太郎さん。
今回は、3グループ合同の、大人から子どもまでの作品展でした。

羊毛クラスからは、一人3点の出展
  ◎ モネの睡蓮からイメージした、モネの睡蓮バッグ
  ◎ 湯たんぽカバー (モチーフは、梅かたんぽぽ)
  ◎ あおむしりんご

がんばりました。^^

モネの睡蓮バッグ

湯たんぽカバー2 湯たんぽカバー1

あおむしりんご1  赤い庭

それにしても、子どもたちの作品は、生命力あふれていて、
”たけのこ”や”ざりがに”が、紙からはみださんばかり。
とても素晴らしいのです!
真似できないな、子どもの感性

会期中日の昨日は、なぜかわたしたち、おはなし会もしたのです。

絵本の看板 羊毛の先生手作り
                      顔になっています!ウヒ

紙芝居 

これまた、雰囲気のある 手作りの紙芝居枠(ライトつき)で、
すてきな幕をクルクルとハンドルで巻き上げてから、
「とりのみじっちゃ」のはじまり はじまりぃ。
他に、絵本も3冊読みました。

おかあさんは、なにしてる? バナナのはなし ウィリーをすくえ!チム川をいく

ふだんなら、選ばないタイプの絵本も2冊。
でも、ここに来る子どもたちは、とても長いお話も、よーく聞いて
楽しんでくれました。
(ウィリーを読みながら、わたしは、手がプルプルしましたよ)

これで、GW前半イベントも無事終了。
後半は、神戸の様子見に行ってきます。

| 琴子 | 21:22 | comments(2) | trackbacks(0) |

Comment
☆ひろのしんさん

おはようございます。GW、いかがお過ごしでしたか?
前半の出来事が、とても遠くに感じます。

あおむしくん、キュートなんですよー。
なんと、制作に ”麺棒”を使いました。(穴の部分がソレです)
紙芝居の幕は、ご想像とおり、エキゾチックなゾウです。
舞台そでの両脇に 灯りがあって、なんてすてきな紙芝居枠だろう、
子どもたちも、期待感高まるなぁと思いました。

「みどりのスキップ」自分で読もうと思って購入したけれど、kohaも
すっかり気に入ったみたいです。
おたよりで広めることで、手にとる子もぜったいいますね!
Posted by: 琴子 |at: 2013/05/07 5:20 AM
こんにちは。
羊毛フェルトの作品の数々、どれもすてきですね。
あおむし君が顔をのぞかせたりんごは私も作ってみたいです。
読み聞かせの看板もいいですね〜。
紙芝居のあの絵は・・・?
インドぞうっぽいですが、ん〜〜・・・モチーフは何かな?

↓の「みどりのスキップ」は私も子供向けおたよりに紹介したのですが、安房直子さんの文章がとてもすてきで・・・。
こういう美しい言葉を子どもたちには親しんでほしいんですけどね。
Posted by: ひろのしん |at: 2013/05/01 6:08 PM








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode