安房直子朗読館
昨日は、以前 教えてもらって行ってみたかった
荻窪のかん芸館に行ってきました。
催しは、安房直子コレクションから語ってもらう、
安房直子朗読館(その6)

かん芸館

こちらの建物、外からの眺めも、中から見る眺めも
とても気持ちがよく、ところどころに楽しい住人?もいて、
すてきな空間でした。

ふくろう アヒル 門番!?

中から 演出

 【プログラム】
 さくらんぼ 安房直子コレクション5から
         私の書いた魔法(エッセイ)
                  朗読:近江 竹生
 さくらんぼ ねこじゃらしの野原 
                  朗読:越前屋 加代
 さくらんぼ 小さいやさしい右手
         朗読:近江 竹生 アコーディオン:岩城里江子

ことり文庫さんから、毎月1冊ずつ送ってもらって、コレクション
全7冊が手元に揃ったのが昨年の11月。
とても読み応えがあり、巻ごとに収録されたお話が
テーマわけされていて、題名もそれにそってつけられている
こだわりのコレクション。
その中に、上の2つのお話もおさめられています。

読んで知っているお話を、耳で聴く楽しみ。
味わってみたかったのです。
賢治さんのお話は、朗読してもらう機会が何度もあるけれど、
安房さんの朗読会は、今回はじめてだったので。

演劇方面でご活躍の 越前屋さんの語りも、
朗読を中心に活動されている 近江さんの語りも、
それぞれの語り口が心地よく、とてもイメージがふくらむ感じ。
”小さいやさしい手”で、効果的に入れられていた
アコーディオンの演奏が また素晴らしかったです。
アコーディオンって、奥が深い楽器だなぁ・・・
1台で、メロディーも伴奏も、和音もこなし、何オクターブも
自在に出るなんて、びっくりです。(→またまた楽器熱、再燃!)

それにしても、とうふやさんのふふっと微笑みたくなる
お話のかわいさとは対照的な、後半のお話。
出てくるものが、まもの というのもあるけれど、無垢な心、想いやり、
献身、そして裏切り、憎しみ、仕返し、涙、許し・・・
生きていれば味わうことばかりの感情が、このひとつのお話に
凝縮されていて、自分で読んだときよりも、いっそうお話の深さを
味わうことができました。

 * * *

前後の足跡・・



荻窪界隈は、行きたいところが山盛りなのですが、昨日の予定は

ヒツジ

西荻窪の ”三月の羊” → 
荻窪のグルッペでお昼ご飯 & 虫さされ用クリームの購入 →
かん芸館での安房直子朗読館" →
荻窪 ”ひなぎく”でお茶 &”海月書林”の古本探し でした。

残念なことに、どしゃぶりの雨。
しかも、グルッペがお休みという悲しい誤算もありましたが、
他はほぼ予定通りに強行。

前から羊好き友人の情報で気になっていた本を
”三月の羊”で発見、今度こそ、借りてこなくちゃ。

ひつじ 『ひつじがすき

求めて帰った胚芽の入ったバンズパンとスコーンは、
どちらも味わい深くて、今朝の朝食でおいしくいただきました。

そして、”ひなぎく”
9月に閉店のお知らせを聞いて、ガーーンとショックを受けていた
のですが、残された時間に、何度か足を運ぼうと決めました。
この空間、好きだったのにな・・・。

ひなぎく・くらげ看板 ひなぎく入り口

昨日いただいたのは、クランベリー入りココアロールと、黒豆茶♪

ココアロール

暗めの照明で、本を読める静けさが好きなのです。
カウンター越しに、店員さんの動きを、ひそかに眺めるのも好き。

海月書林の市川さんにも久しぶりにお会いして、鈴木悦郎さんの
まもなくはじまるアルピーノの個展のお話を聞いたり、
柚木沙弥郎さんの新しく出る作品集のお話を聞いたりしました。
悦郎センセのぎんのすずコレクションも、数冊あって、うれし。

しかし・・・小さな折りたたみ傘で 日々しのいでいる身としては、
どしゃぶりはきつかった。
すっかりぬれねずみ。
傘、ほしいなー。ついでに帽子もほしいなー。

おかいもの
| 琴子 | 21:07 | comments(16) | trackbacks(0) |

Comment
★ぱせりさん

やーん、いつもの早とちりで、すみません!
でも、この看板は、ユーモラスで座布団一枚♪のノリですよね。
うちの前にも、ちょっと立ててみたいです。

でもでも・・・。ポニーを飼うことができるなんて、やっぱり
うらやましい環境ですね。
馬好きわたくしとしては、エサやり、ひづめ掃除、ブラッシングなどなど、、、、
やらせていただきたいですヨ。
Posted by: 琴子 |at: 2008/06/27 11:46 PM
★こももさん

わーいわぃ、身軽になった暁には、ぜひご一緒しましょう♪
わたしも、こういう機会がなくなってしまったら、楽しみが
半減しそうです。
ありがたみをかみしめながら、また次なる計画へ・・・go♪

荻窪周辺は、ラーメンも焼き鳥も古本もこじんまりなお店も
たくさんあって、なんとも不思議な雰囲気の町ですヨ。
わたしもはらぺこさんに、もっと教えてもらおうと思っています。
ぜひぜひ、こももさんも!



Posted by: 琴子 |at: 2008/06/27 11:40 PM
琴子さん、↓まぎらわしい書き方してすみません。
うちの近くにひつじはいません^^
看板があまりにすてきだったので、気分だけひつじ気分になりたかったんです。

とびだしてくるのは野良猫くんばかりです。
(近所にポニーを飼っているおうちはあるけど)
Posted by: ぱせり |at: 2008/06/27 7:57 AM
素敵ですねー。
いつか・・・田舎暮らしと、憧れているのだけれど、やっぱり
こういう愉しみを考えると、耐えられないだろうなあと
思います(笑)
身軽になったら、是非、おともしたいですよ♪

荻窪界隈は、はらぺこさんのブログで拝見し
すっかり行った気になっていたのですが、やっぱり、
本当に行きたいなあと思いました!
Posted by: こもも |at: 2008/06/26 11:46 PM
★ぱせりさん

わぁ、写真を気に入っていただけて、うれしいです。
被写体のこの場所がいいんですけどね(笑)
とても雨の似合う、雰囲気のある建物なのです。
そこで聞く安房直子のお話。
ぜいたくですね♪

「羊とびだし注意」看板なんですよ。
この看板の路地を入っていくと、奥まったところにお店が
あるんです。

ぱせりさんのところは、もしかして・・・・
ほんものの、ヒツジさんたちが、飛び出してくるような
ところなんですか!?
もくもくもくもく、妄想が広がります。
Posted by: 琴子 |at: 2008/06/26 10:53 PM
全部の写真が全部好きです。
どの写真の風景も、その横に、わたしもいられたらなあ、と言う雰囲気がありますね。
「羊とびだし注意」は看板ですか?
うちの横道のところにも、これがあったらいいのにな。
Posted by: ぱせり |at: 2008/06/25 4:26 PM
★なおさん

なおさん、こんばんは。
そうなのですよー、9月閉店だそうです。
夏までに行く機会があったら、この最後の機会にぜひ。
わたしはいつも、ジンジャーチャイのような飲みものを飲もうと
思っていくのに、注文する段になると、黒豆茶を頼んでしまうのです。
なぜなのか、自分がわからないのですけど、ね。
次回は、固い決意で行きたいと思います。

三月の羊、ほんとうにこじんまりのお店でしたが
かわいいポストカードや、おいしそうなものが
並んでいて、選ぶのに迷ってしまいました。
おいしかったので、こちらもまた行くつもりです!

なおさんが、案外ヤギ好きって、知ってますよー。フフ
わたしもあのおじいさん顔が、好きなのです♪
Posted by: 琴子 |at: 2008/06/24 11:16 PM
★はらぺーにょさん


はらぺーにょさん、いろいろお気遣いいただいて、ありがとうございます。
そんな、そんな!
グルッペさんのお休みを確認し忘れたのは、わたしのいつもの
うっかりですから〜・・・。
それに、なんと「ひなぎく」もすっかり西荻と思いこんで
西荻まで行ってしまったんですよー。
前にも何度も行っているというのに・・・!!
まったく・・・こんなわたしですので、全然大丈夫です(笑)
毎度の暴露大会も、お恥ずかしです。

朗読会は、昼の部は、なんと50席満席だったようですよ。
少し上の世代の方が、お誘い合わせでたくさんいらして
いました。
音楽の催しのときも、よさそうですね♪
また、わたしも次の機会を楽しみにしています。

しかしあの道、かご・陶器やさんとか、食材やさんとか、
明治天皇小息所?とか、気になるところがいっぱいですね。



Posted by: 琴子 |at: 2008/06/24 11:11 PM
★jasuminさん

お出かけ先、家族はつきあってくれる人がいないので、
ひとりでどこまでもですよ(笑)
お茶のときは、ちょっとさみしく・・・

jasuminさんも傘なしなんですね!
どうせ長く使う傘なら、気に入ったものにしたいと
思っているけれど、なかなかお財布との相談もあって
めぐりあえないまま、また今年も梅雨越しになりそうです(涙)

帽子も、先日デパートでちらり、ヘレン・カミンスキーの帽子を見かけ、
いいなー、いいなーと思うだけ思って、帰ってきました(涙)
欲しいですね! いつかいつか・・・。
Posted by: 琴子 |at: 2008/06/24 10:51 PM
  こんばんは♪ひなぎくさん、、閉店ですか??もうずっとずっと前から行きたいのに行けなくて、、、残念です。
 三月の羊さんも行きたいとずっと思っていて。
 そういえば羊好きなひとって多い気がします。
 あと、猫好きの人も。
 私は・・・ヤギのとぼけた感じも好きです♪
 あ、話がそれてしまいました(笑)
Posted by: なお |at: 2008/06/24 8:53 PM
琴子さん、こんにちは。
まずは謝らなければ・・・またドジやりました。
私、土曜日にふと、グルッペって日曜日定休日だったこと思い出して、
琴子さんに連絡しなくては!とメールしたつもりだったのです。
そ、それが!なぜだか自分宛にメールを送信していたのですよ。なんてこった。
(しかも、気づいたのは昨夜でした・・・)
ああ〜早くご連絡できれば、琴子さんの貴重な時間も予定変更できたはずと
思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
本当にごめんなさい。
安房直子さんの朗読会、私もムリしてでも行けばよかったな。
頑張れば、ちょっと遅れで行けたのになあ。
結局、夜の部にも行きませんでした。
かん芸館、中には入ったことないのですが、外観もとてもステキですよね。
でも、琴子さんの記事を拝見して、朗読会の様子がわかってよかったです。
ありがとうございます。
”その7”も、また、かん芸館であるといいいな。
その前に、童話集を読んでおかないとね。
「ひなぎく」にも、また行ってみます。
Posted by: はらぺーにょ |at: 2008/06/24 5:41 PM
琴子さんのお出かけ先、いつも楽しそうで
興味シンシンですよ・・・ストーカーみたいです(笑)

傘、同じく小さな折りたたみ傘で日々凌いでいる身・・
同じですね。
傘、欲しいですね〜。
帽子も、欲しいですよね〜。
Posted by: jasumin |at: 2008/06/24 9:42 AM
★nao-yuuka-ayuchan5さん

川べりだと、降り続くと音だけでも気になりますよね。
うちの園も川べりでしょう。
通園時、とても気になってしまいます。
雨の量も、これから梅雨明けまで、適量でおさまってくれることを、
望むばかりです。

どしゃぶりの日にまた、おでかけなんです(笑)
優雅なのは、きっと場所のせいですよー。
ほら、いつものおとぼけ、今回も発揮で、グルッペのお休みを
調べていなかったし、行けると思って地図を印刷していかなかった
かん芸館は、交番で聞いたのだし・・・
いつもどおりです ヘヘ
Posted by: 琴子 |at: 2008/06/23 11:26 PM
★rucaさん

週末は、時折どしゃぶりでしたね。
土曜日は蛍を見にいくはずだったけれど、雨で断念したくらいです。
でも見えたみたいですけどね。

かん芸館も、ひなぎくも、不思議と雨の似合う場所でした。

ひなぎく・・・一度行ってみてください。
おいしいですよー。
ペランとした紙に書かれたメニューが、またよいです。
ちょっと穴倉のようで、好きなのです。


Posted by: 琴子 |at: 2008/06/23 11:18 PM
琴子さん、こんにちは。
週末の大雨は本当に豪雨で怖かったですね!
我が家は、川沿いに家が建っているので、
いつも雨が降るとゴーッと凄い音を立てています。
だから、眠れぬ夜を過ごすのです。。。ほんと怖い^^;

そちらも、どしゃぶりのようだったようですが
記事を読んでいると優雅にお過ごしで、ため息が出るほどでしたw
深緑豊かで、とても癒されました。
私も琴子さんとご一緒にお茶したかったです(笑)
Posted by: nao-yuuka-ayuchan5 |at: 2008/06/23 5:47 PM
琴子さん、こんにちは。

昨日の雨は、本格的でしたものね。
でも、その中での「おでかけ」は、いつでも
すぐに思い出せますね。ほら、あのどしゃぶりの‥
って。

「ひなぎく」さん。
9月の閉店までに、行くことできるかな。
Posted by: ruca |at: 2008/06/23 5:36 PM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode