レオ・レオニ展/手から手へ展

kohaが二泊三日のキャンプに出かけている間に
会期終了間際の展を 観て回ることができました。

【レオ・レオニ 絵本のしごと】 (於:Bunkamura

 
 
東急のウィンドーには、こんなしつらえもありました♪

こちら、会期は8/4まで。

kohaも、「あおくんときいろちゃん」が大好きで、
入学してからは、「スイミー」や
「アレクサンダとぜんまいねずみ」にも触れて、
教科書でもおなじみのレオ・レオニです。

今まで、レオ・レオニのグラフィカルな絵や、
スイミーのタッチに見とれるものの
時折 お話の中に教訓的なものを感じたりして、
熱狂的ファンというわけではなかったのです。
・・・が、今回、原画を観て、そんな思いはどこへやら。

コラージュの紙のこだわりも素晴らしかったし、
鉛筆や色鉛筆の筆致も、大胆な訂正の仕方なども、
やはり原画を観ると、目から鱗がぽろぽろ落ちます。
ほんとに素晴らしかったー。
そして、ねずみがかわいいのです。

好んで使われるねずみモチーフは、
そのパーツがいくつも切り抜かれて
箱にためられていて、これにもたいへん 驚きました!

壁一面に スイミーの小さな魚たちが動くしかけの前では、
小さな子どもたちが、手をかざしたり、追ってみたり・・・
そのたびに、ぱーっと魚が散るようになっていて、
とても楽しめる企画になっていました。
kohaも連れて行ってあげたかったな。

 *   *   *

手から手へ  (於:ちひろ美術館 東京

  

降矢ななさんが事務局長を務めるこの展、新聞にも大きく載って
早く行きたいと思っていたのに、やっぱり会期終了間際になりました。
こちらも8/4まで。

国立のギャラリー・ビブリオとの連動企画でした。
57人もの絵本作家さん画家さんの、フクシマへの想い、
子どもたちへのメッセージ、原発NOの意思表示が
絵と言葉で、伝わってきました。
すてきな絵や言葉があふれていて、
手から手へわたせるものって、大きいなぁと実感。

これから巡回する場で、またじんわり広がっていきますように。

| 琴子 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode