朝の絵本

2学期がはじまり、朝の絵本もさっそくはじまりました。
希望は秋の涼しさですが、まだまだ暑いし、
夏をひきずってみようかな・・・と
少し長めの夏 を感じる絵本を読みました。

 おっきょちゃんとかっぱ
 
 『おっきょちゃんとかっぱ』
  【文】 長谷川摂子 / 【絵】 降矢奈々  福音館書店

この絵本は、ふつうに読んでも9分以上かかるので、ある意味
挑戦だったけれど、子どもたちも、じっくり見ながら聴いてくれました。
(西の方言が、時折 気になっている子がいたかな・・・。)

おっちょちゃんは、おきよちゃんが縮まって、おっきょちゃん
というところと、おっきょちゃんが、一口食べるたびに、水の上の
世界を忘れていくところで、ざわっと声が出たので、
内心ほぉ〜と思いました。
きっと、子どもたちも、不安に思ったんだろうな。
最後は、ちゃんと戻ってきて、かっぱなみに泳げるようになっている
オチが ほっとさせてくれます。


お天気が心配だったけれど、その後の1、2時間めは、
無事プールに入れてよかった。
でも、地震があったんですね・・・ まったく 気づいていなかったです!

| 琴子 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode