おとなたちの絵本部屋 vol.102

9月末のおとなたちの絵本部屋講座の記録。
国立・ビブリオギャラリーにて、ナビは、とこペン隊1号の
イーダちゃん。

今回のテーマは、ずばり  りんごの絵本

時期的にぴったりではないですか!
それに、りんごのお話って、ずいぶんあるし、
好きなお話もいくつかある・・・
だいたい、りんごの木には憧れがあるんです。
(実の実る木には、全般 憧れがあるのだけど・・・)

イーダちゃんが、絞って選んでくれた17冊の中から、覚え書き。

まず、いつもながら、想像力を働かせた絵解きと解釈で
おぉぉ・・・とうならされたのが、以下、2冊。
(けちょもぐさん、いっしょです!)

リンゴかもしれない  りんご畑の12か月

左) りんごがりんごじゃないかもしれない!という妄想から
  どんどん広がっていく、想像?思い込み?が、楽しすぎ。
  表紙の四隅の文字のヒミツを、イーダちゃんが読み解き
  作者さんの遊びを発見! すごーい、さすがです。

右)りんご農家とそこに遊びに来たこどもとの、
  手紙形式のやり取りから、りんごの育てかたについて、
  よくわかる一冊。
  安曇野の地の風景も美しい。
  この絵本では、登場人物の人間関係を、鋭く指摘してくれて
  なるほどーと 感心しました。
  驚いてなさそうに見えたかもしれないけど、
  驚いていたンですよ。

りんごちゃん  リンゴちゃんのおきにいり

2冊とも、シンプルながら、クスッと笑えるおもしろさ。
『りんごちゃん』の巻末の絵描き歌で、みんなで
りんごちゃんの絵を描きました。 けっこうみんなかわいいの。

右の ラプーたんていのじけんぼシリーズは、はじめて知った絵本。
他にも、キャベツや グリンピースなどのお話もあるらしい・・・
大好きな「ろばのトコちゃん」シリーズの作者でした!

リンゴのたび  リンゴの木

読んだことがなかった2冊。
じっくり読んでみたい。

リンゴの絵本

農文協の そだててあそぼう シリーズ、好きです。
わかりやすく、トリビアに満ちていて、りんごのことが
より一層、身近になりそう。
参加者から、この中にも載っている、”シナノスイート”という
品種を教わりました。
10月の短い期間にしか、お目にかからないリンゴと聞いたので、
今年は目をこらして探してみるつもりです。

| 琴子 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode