はじめましての絵本たち
はじめましての絵本たち講座 in ビブリオギャラリー(国立)で
新刊絵本を紹介してもらいました。
クリスマス絵本を含む38冊の中から、気になった本の覚書。

江戸のお店屋さん.jpg まだだよまだだよ.jpg

左)今回求めて帰った、江戸時代のお店屋さんの絵本。
面白いです。江戸文化の興味深いこと。。。
うちで見ていてkohaが一番驚いていたのは、
お歯黒の道具と、その役割でした。

右)梅仕事の話。 ぜひ、梅雨時に思い出したい!

ピッキーとポッキー.jpg   十二支のおやこえほん.jpg

どちらもシリーズものの続編。気になります。
ピッキーとポッキー、時間がたってもかわらないなぁ。

しあわせのドクターイエロー.jpg よふかしにんじゃ.jpg

左)東海道新幹線には時々乗るのに、ドクターイエローの
存在さえ知らなかった! もちろん、遭遇したこともなし。
次回から、キョロキョロしてみよう。

右)ずいぶんと、帯の長谷川義史さんの字が大きいけれど、
長谷川さんの翻訳。 表紙絵のインパクト大。

ジャーニー.jpg

文字のない絵本。講座後、イーダちゃんにたどってもらいながら
見たけれど、まだ発見や気づき!? がありそうな予感。

<読みたい>
花びら姫とねこ魔女.jpg ワニのお嫁さんとハチドリのお嫁さん.jpg 
左)朽木祥・文/こみねゆら・絵
朽木さんなので、ぜひ読まなくては!

右)メキシコ。ウワメルーラ村のおまつりから着想を得た
おはなし。

犬になった王子.jpg  白い街あったかい雪.jpg
左)チベットの民話
右)鎌田實・文/小林豊・絵 ベラルーシの実話。

りーかあさまのはなし.jpg ぼくたちはなぜ学校へ行くのか.jpg
左)ハンセン病の人たちと生きた草津のコーンウォル・リー
こちらも小林豊さんの絵。

右)マララさんの国連演説から考えよう

おかあさんの顔.jpg  12種類の氷.jpg
左)鏡がキーだったのかな・・・タイトル、ストーリーとも
気になる。

右)バーバラ・マトリントックの挿し絵が、知っている
マクリントックとは違うタッチ!
スケートの表紙、小さなお話が集められた体裁も
好きなテイスト。

  *  *  *

どうぶつたちのメリークリスマス.jpg  ライオンと一角獣とわたし.jpg
左)リチャード・スキャーリーのクリスマス絵本。
このシリーズの「せかいいちおかしいおはなし」
koha大好きなのです。訳、ふしみみさをさん。

右)一人称のロバが語るクリスマスの物語。
ツヴェルガー好きとしては、これも気になる。

モミの木.jpg アンデルセンの『もみの木』
いろんな人が絵をつけているし、わたしの中では
西村書店の写真絵本がとても印象的だけど、このマリメッコ
デザイナー/サンナ・アンヌッカさんの絵もすてき。
小宮由さん訳。
 
| 琴子 | 20:36 | comments(4) | trackbacks(0) |

Comment
☆後藤さま

コメントいただき、ありがとうございます!
この会で紹介していただいたときに、『犬になった王子』の
絵の中の、なびく髪の毛が話題になっていました。
美しい絵と構図に、とても惹かれました。
手元でも、ゆっくり見てみたいと思っています。

教文館や丸善での 原画展もお知らせいただき、ありがとうございました。
楽しみに出かけたいと思います!


Posted by: 琴子 |at: 2013/12/29 8:16 PM
 私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)をご紹介いただき誠に有難うございます。
 来年1月から3月には、銀座教文館ナルニア国と丸善丸の内本店で「後藤 仁 絵本原画展」も開催します。今後とも後藤 仁作品をよろしくお願い申し上げます。 日本画家・絵本画家 後藤 仁
Posted by: 後藤 仁 |at: 2013/12/27 4:19 PM
☆三蔵さん

すっかり時期遅れになってしまってこちらこそ‥です。
三蔵さんが お歯黒に憧れているというのが意外な感じでしたが、
試したら、ぜひ写真を見せてくださいね!
虫歯予防にもなるのが驚きでした。
ドクターイエローといい、知らないことがたくさんあって、楽しいですー。

マクリントック、まだ見られないでいます。
後日さっそく イーダちゃんにもお勧めいただいたので、
ぜひ手にとってみますね。
来年も楽しみに通いますので、よろしくお願いします!
Posted by: 琴子 |at: 2013/12/21 5:55 PM
コメントがすっかり遅くなってしまいましたが、
今回もご参加ありがとうございました。

kohaちゃんのお年頃だとお歯黒は知らないですよね。
妖怪の「お歯黒べったり」ぐらいでしか目にしないですものね。
でも、憧れております、というか一度試してみたいです。

マクリントックの挿絵、素敵です〜。
2012年の絵だというのも関係あるのかもしれませんね。
絵本はもうちょっと前のものが多いので。

ではまた来年もよろしくお願いいたします。
Posted by: 三蔵 |at: 2013/12/18 2:39 PM








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode