おとなのための絵本部屋 vOL.105
今回のおとなのための絵本部屋のテーマは、
気球に乗って 絵本の旅
気球や飛行船、今までのわたしの人生に、ほとんど
なんの接点もなく、あまり意識したこともなかったのに、
自己紹介時、案外 身近なエピソードをお持ちの方が多くて
そのことにまず驚いた。

そして、気球や飛行船のお話が、こんなにあったことにも
新鮮な驚き。。。
楽しいなぁ!

まずなんといっても、イメージとしては、
支えが切れてしまった後の、不安定さと自由さ。
憧れはあるけれど、高所恐怖症のわたしには、まず無縁な世界。
実際には無理だけれど、高度からの目線で、地上を
眺められるところも楽しい。

12冊の中から、読み返してみたい絵本を覚書:

熱気球はじめてものがたり.jpg     とびねこヘンリー.jpg

左)動物を乗せた 初の熱気球飛行実験をもとに、
  創作をまじえた 絵本。熱気球の歴史も
  巻末にのっていて、知らないことばかり。

右)このヘンリーのシリーズ、久しぶりに見たら
  やっぱりおかしい! スキー編も気球編も好きだけど、
  他も読んでみよう。

ごきげんなライオン.jpg    くまごろうのだいぼうけん.jpg

左)実は、ごきげんなライオンシリーズは、気に入ったら
  きっと集めたくなってしまうという思いがあって、
  しっかり読んだことがなかった。
  (ぺチューニアやベロニカみたいになったら大変!)
  でもでも、やっぱりおもしろいんだなぁ。
  これを機に、ちょっとシリーズに踏みこんでみたい。

右)イーダちゃんではないけれど・・
  わたしも、ブライアン・ワイルドスミスというと、
  石坂浩二さんのイメージと直結してしまう。
  でも、あえてそのイメージなしで読んでみたら、
  さすが、色の魔術師の絵本だと思った。美しい!


ミランダの大ぼうけん.jpg
 
 日本のイメージがこれなんだ・・・という驚きもあったけれど、
 世界めぐりのお話は好き。


おもちゃであそびタイ!ムは、テーマにぴったりなカードゲーム
”バルーンズ”
BARU-NNZU.jpg
運だけがものをいう、わたし向きのゲームだったな・・・
(なのに、一番の負けという悲しい結末!)
| 琴子 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode