朝の絵本
3月の朝絵本のまとめ

3/5

紙芝居『たべられたやまんば』は、紙芝居の作品の中でも
好きな作品。
やまんばに追われるドキドキ感や、和尚さんののんびりぶりと
機転を利かせた見事な展開で、おはなしとしてもおもしろい。
ちょうど10分ほどで、子どもたちも、引きつけられて集中度が
高かった。


3/12
   

毛色の違う3冊を読んでもらった。
静かなこもりうた絵本と、ことわざ絵本。
最後に、藤田浩子さんのしかけ絵本。
縦にズンズンのびる絵本に、子どもたちからも思わず うわ〜の声が
あがった。


3/19

毎年恒例、学年末の絵本の時間は、学年を一同に集めての 一時間スペシャル
今回のプログラムは、
 1.大型絵本 『ちからたろう』
 2.がまくんかえるくんの 『ふたりはともだち』から
   ”はるがきた” の人形劇
 3.落語 『平林』
 
合間の手遊びは、一昨年が ”いもにんじん”  去年が ”弁慶が”
だったので、今年は、指遊び ” 1・2・3の2・4・5”をはさんでみた。



 平林.JPG   がまくんかえるくん.JPG  

なんといっても、手作り指人形のがまくんとかえるくんは力作です!
背景もすべて手作り。分担の母たち、すばらしいです。

落語の『平林』は、終わってからも、子どもたちが口ぐちに
唱えたくなる演目で、落語との初めての出会いになった子も・・・。
(平林 → 

隠れた特技を持つ母たちが、あちこちで本領を発揮して、
先生も 子どもたちも 参加の母たちも大満足。
本年度の読み聞かせも 無事終了しました。
 
| 琴子 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode