リフ編み ワークショップ
東京を横断し、4か月ぶりに出かけた らふとのお庭には、
梅が咲いて、春間近な景色。

らふと庭.JPG 
はまやまいさんに教わる、リフ編みのワークショップに
行ってきました。

浮き立つお花模様がかわいらしい編み地は、スタークロッシェに
似ているな〜というのが 第一印象。
まいさん曰く、編み地がふっくらとしていて、裏も表もなく
使えるのが特徴とのこと。ふっかふかです。
リフは、トルコ語でボディタオルをさすそうですよ。

今回は、事前に2種類の毛糸を選んでお伝えしていました。
イメージは、紅梅と すみれ

リフ編みポットマット.JPG

モクモクとみんなで編む作業は、サークル活動みたいで
なんだか楽しく、間違えては まい先生の指導を仰ぎ、
できた人を羨みつつ、励ましてもらいつつ・・・
なんとか 毛糸を(ほぼ)使い切りました。

できたポットマット。
見ては ついニヤニヤしてしまう・・・
かわいい編み地ではないですか!?

あとから聞いたところによれば、この編み模様自体が
とてもパワーをもつものなのだとか。
そんな話も聞いたので、エネルギーを充電すべく、毎日使っています。

まい先生が見せてくれた、襟飾りやポーチなど、バリエーション小物が
編めたら、なお楽しそう。 少しずつ挑戦してみたいです。

らふとスイーツ.JPG
ひたすら編んで 疲れたころに出していただいた、らふと茶菓部の
おやつ。 しーーみーーるーー。
香り高い ティーハンデルの紅茶と、ドライフルーツをラム酒に
つけるところから手作りの フルーツケーキ。
写真がいま 一歩ですが、、満足感いっぱいで最高でした!
 
| 琴子 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

はじめましての絵本たち
2月の新刊絵本講座・はじめましての絵本たち in
ギャラリー・ビブリオ
かこさとしさんの 続編絵本も、どんどん出ていますね。
パピプペポーおんがくかい
あかいありのぼうけんえんそく
かこさん 去年に引き続き、オタノシミをありがとうございます!

その他、気になった絵本や本の覚書。

かないくん.JPG     ぼくはヨハネス・フェルメール.jpg

左)「かないくん」ほぼ日のサイトで、谷川俊太郎さんと
松本大洋さんの対談を読んだり、阿川佐和子さん・谷川さん・
糸井さんの対談U-streamを見ていて、とても興味深かったので
ほぼ日にて すでに購入。
死は、特別なことでも、触れていけないことでもないということ。
死があるから、死を意識するからこその生ということを
あらためて感じる。
絵の中の”赤”と”白”の使い方が素晴らしいと思う。
ぜひ、対談もあわせて読んでほしいところです。
http://www.1101.com/tanikawa_taiyo/

右)フェルメールの ”真珠の耳飾の少女” がとても印象的で好き。
・・・というだけで、細かいことは何も知らないので、43年の
短い生涯について読んでみたい。

星と星座をみつけよう.jpg   boku ha.jpg

左)森雅之さんの描く 星座の絵本は、とても見やすく
わかりやすい解説で、夜空を見上げながら、見つけやすそう!
と嬉しくなった。でも今回求めたのは、三蔵さんがリストとは
別に仕入れたという 『月のこよみ 2014
月を意識しながら暮らすことをはじめて、こんな本に出会えるとは。
毎年出ていたのかな・・・気づかなかった。

右)地球の誕生から46億年の月日を、一年にたとえてみれば、
人類の活躍は、大晦日のわずか数秒間だという。
なんというわずかな時間! だからこそ濃密で、意味深いと思う。
kohaに地球の成り立ちに聞かれたばかりだったので、
タイムリーな読み物だった。

パパのところへ.JPG  やくそく.JPG

左)出稼ぎに出かけたパパと2年近く会えない少女が、
パパのところへ引っ越すことに決めたお話。
代休のkohaを連れて行っていたので、読んでみる?と
差し出したところ、父と離れて暮らすkohaにも、
感じるところがあったようす。

右)少し胸がチクリとした。右頬を打たれて 左頬をも差し出す
でもそこからはじまることもある。
絵も、とてもよかった。ゆっくり読んでみたいなぁ。

プーと私.jpg 石井桃子さんのエッセイ3冊め。
このシリーズの装丁、桃色、若草と来て、この黄色。
字体の色もあわせて、とてもセンスがよいと思う。
今回は、児童文学についてのお話。 楽しみながら読むつもり。

 
| 琴子 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

朝の絵本
1/22 (水)
花さき山.jpg  ぼくたちまたなかよしさ!

滝平さんの切り絵が印象深い『花さき山』
派手さはないけれど、あやのこの気持ちに、
3年生のこの時期に出会ってくれてうれしい。
共感した子がいたかな。 何か感じてくれていたら嬉しい。


 2/5(水)
 おばけこわくないぞ!.jpg 

 『だいくとおにろく
  【文】川崎大治 【絵】せなけいこ  童心社

もしも・・・だったら、の空想話は、子どもたちも大好き。
えー、えーと言いながら奇想天外な展開を楽しんでいた。

『だいくとおにろく』松居直/赤羽末吉 のイメージしかなくて、
はじめて読んでもらった版だった。
絵や文で、やはり印象はずいぶん違うなぁ・・・と思う。
 
| 琴子 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

パトアシュの絵本の時間
朝から雨で、午後から雪予報の立春の日
パトアッシュの絵本の時間でした。



絵本の合間に、”しもばしら”の手遊びや
”ぎっこんばっこん ねずみど こびぎゃ・・・” などの
わらべうたもしました。

『くらいくらい』の 電気をつけるしぐさ
『ピンポーン』の宅急便の音や 応対のようす などは、
日常でも馴染みの場面ですね。
馴染みの場面で、あ、あの絵本のあれだね!・・・
という楽しみが増えるのは、その親子だけの
ちょっとした密やかな楽しみです。

『おめんです』のおめんは、自分の顔にあてて遊ぶ
遊びに発展していき、逆にへぇ!と教えてもらいました。

今月も、楽しい時間になりました。
3月は11日(火) 11:00〜です。

 
| 琴子 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

ひろばわらべうた
先月31日続き、2/3もひろばのわらべうた。
ほぼ同じ内容でしたが、メンバーも違うので、
反応も違って新鮮でした。

だんだんのぼって 
こっちのたんぽ
♪鬼さの留守に 豆いって ガーラガラ♪
うまはとしとし
てんやのおもち
ぺったらぺったん もちつけもちつけ
ふくすけさん
ねんねんね山の米屋町

なんといっても、てんやのおもちは、子どもたち大好きです。
歩ける子どもは、頭にお手玉を乗せたくて、やってきます。
あかちゃんたちも、頭に乗せたお手玉が落ちる音に
聴き入ったり、見入ったり。

先月、ほっとさんでのわらべうた倶楽部で教えてもらった
鬼のわらべうた、短いし覚えやすいので、ママたちも
一緒に歌ってくれました。
今日は豆まきできたかな。

今年の干支・馬の出てくるわらべうたも、いろいろ
教わっているところなので、少しずつ歌っていきたいと思います。

最後には、毎回 こもりうたを・・・。
何かひとつ、マイこもりうたをもってくれるといいな
という思いもあって、去年は長いこと、『おつきさまえらいの』を
歌ってきました。
今年はしばらく『ねんねんね山の米屋町』を歌ってみます。

次回は、3/6(木) 14:00〜です。
| 琴子 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

2月のおはなし会
2/1(土)今月・来月は、1日からおはなし会です。
開始時刻に、なんとうちの子どもしかいない事態で、
どうなることやら・・・と思ったら、どんどん集まってくれて
無事 おはなし会開催。ホッとしました!

2014  2月おはなし会.JPG

寒波の前の暖かい土曜日で、雪や雪の結晶の絵本は、
なかなか雰囲気が出ませんでしたが、このあと降りましたね。

雪が降っている中見上げると、
”上みれば 虫こ  中みれば 綿こ  下みれば 雪こ”
というわらべうたが、なぁるほどとよくわかります。

節分にちなんだ鬼の話、
風邪⇒鼻水ということで『はなのあなのはなし』
寒いからお風呂の『おふろじゃおふろじゃ』にも挑戦。
『えんまのはいしゃ』と『はなのあなのはなし』は人気で、
そのあと、借りたいという声も出ましたよ。

豆まきも終わって立春も過ぎたけれど、また今週末は
雪予報! 
子どもたちはあったかくして、雪遊びが堪能できますように。
大人にとっては、ほどほどの雪ですみますように。

鬼1.JPG 鬼2.JPG
娘の描いた やさ鬼くん。
笑っていたら、いつの間にか怒りマークがついて変身
していました。
 
| 琴子 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

おとなのための絵本部屋 vOL.105
今回のおとなのための絵本部屋のテーマは、
気球に乗って 絵本の旅
気球や飛行船、今までのわたしの人生に、ほとんど
なんの接点もなく、あまり意識したこともなかったのに、
自己紹介時、案外 身近なエピソードをお持ちの方が多くて
そのことにまず驚いた。

そして、気球や飛行船のお話が、こんなにあったことにも
新鮮な驚き。。。
楽しいなぁ!

まずなんといっても、イメージとしては、
支えが切れてしまった後の、不安定さと自由さ。
憧れはあるけれど、高所恐怖症のわたしには、まず無縁な世界。
実際には無理だけれど、高度からの目線で、地上を
眺められるところも楽しい。

12冊の中から、読み返してみたい絵本を覚書:

熱気球はじめてものがたり.jpg     とびねこヘンリー.jpg

左)動物を乗せた 初の熱気球飛行実験をもとに、
  創作をまじえた 絵本。熱気球の歴史も
  巻末にのっていて、知らないことばかり。

右)このヘンリーのシリーズ、久しぶりに見たら
  やっぱりおかしい! スキー編も気球編も好きだけど、
  他も読んでみよう。

ごきげんなライオン.jpg    くまごろうのだいぼうけん.jpg

左)実は、ごきげんなライオンシリーズは、気に入ったら
  きっと集めたくなってしまうという思いがあって、
  しっかり読んだことがなかった。
  (ぺチューニアやベロニカみたいになったら大変!)
  でもでも、やっぱりおもしろいんだなぁ。
  これを機に、ちょっとシリーズに踏みこんでみたい。

右)イーダちゃんではないけれど・・
  わたしも、ブライアン・ワイルドスミスというと、
  石坂浩二さんのイメージと直結してしまう。
  でも、あえてそのイメージなしで読んでみたら、
  さすが、色の魔術師の絵本だと思った。美しい!


ミランダの大ぼうけん.jpg
 
 日本のイメージがこれなんだ・・・という驚きもあったけれど、
 世界めぐりのお話は好き。


おもちゃであそびタイ!ムは、テーマにぴったりなカードゲーム
”バルーンズ”
BARU-NNZU.jpg
運だけがものをいう、わたし向きのゲームだったな・・・
(なのに、一番の負けという悲しい結末!)
| 琴子 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

はじめましての絵本たち
ギャラリー・ビブリオでのはじめましての絵本たち講座、
1月の2週目のお話です。えぇ、今頃ですが・・・
38冊の紹介の中から、読みたい本の覚えで、
やはり書いておきます。

あたし、うそついちゃった.jpg   会えてよかった.jpg
左)かつて身に覚えがある、ちょっとチクッと胸が痛む
  感覚を思い出す。

右)安野さんが出会った50人について書いたエッセイ
  興味深いし、読み応えもばっちりありそう。

こうさぎと4ほんのマフラー.jpg     デーデ.jpg

左)わたりむつこ・でくねいくコンビの絵本。
  マフラーが出てくる話は、それだけでけっこう好き。

右)3.11の震災後、東北に灯油や石油を届けるために
  活躍したディーゼル車の実話をもとにした絵本。
  今回、はじめて知った。

とてもおおきなサンマのひらき.jpg    ひとつのねがい.jpg

左)ナンセンスもここまでだと潔い。
  こんな大きなの、食べでがありすぎて、飽きそうだけど・・・。

右)昨年、浜田廣介 生誕120周年で、ひろすけ童話が
  いろいろ出てきてうれしい。
  絵の印象か、ひろすけ童話と一見してわからなかった。

 
フィンランド.jpg    ぼくらのひみつけんきゅうじょ.jpg

左)偕成社の 世界のともだちシリーズ、続々刊行中。
  フィンランドは、まず読んでみたい!

右)このなんだかゾワゾワする感じ。
  でも、なぜだかページを繰る手を止められない感じ
  ゆっくり楽しまないと。

まど・みちお.jpg    ゆみちゃんはねぞうのわるいこです.jpg

左)まどさんの詩集が、”日本語を味わう名詩入門”シリーズの
  20で登場。 三浦太郎さんの絵が楽しく、
  あらためて、まどさんの詩をじっくり味わいたくなった。
  まどさん、104歳。すばらしいです。

右)ニッサン童話と絵本の絵本大賞受賞作品だそう。
  文は短く、絵とのバランスが絶妙で、ついつい見入ってしまう。

世界の本屋さん.jpg   日本の本屋さん.jpg

左)世界のベスト10の中に、京都の恵文社一条寺店が入っていて、
  おぉ!すごーいと気分が盛り上がる。

右)とこペン隊7号のナナさんのポストカードが、さりげなく
  うつっているページがあって、こちらも気分が盛り上がる。
| 琴子 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

朝の絵本
今日から、教室での朝の絵本タイムもはじまりました。

今日持って行ったのは、
『どんぶらどんぶら七福神』と 『十二支のことわざえほん』

どんぶらどんぶら七福神.jpg  十二支のおやこえほん.jpg

市内、この時期には、七福神めぐりののぼりが立っていて、
いつかめぐってみたいと思っているのですが、
今日教室で聞いてみたら、なんと3人、七福神めぐりをした子が
いました。すばらしい・・・

七人の神様、それぞれの名前と、どんなご利益があるか、
わたし自身ちゃんと知ったのは、40も過ぎてからのことで、
この絵本が出たときは、ちょっと感動ものだったのでした。
七福神と七つの宝物、そして宝船。縁起ものですね!
子どもたちに人気だったのは、もちろん、みかけもユニークな
寿老人 でした。^^


この冬休み、子どもたちがみんなで作った ことわざカルタを
うちでやってみるという宿題が出ていて、ことわざもなかなか
タイムリー。
そこで持って行ったのは、十二支の動物にひっかけた ことわざ絵本。
絵がぴったりな雰囲気で、難しいことわざもわかりやすくなっていて
なるほどー、と思います。

子どもたち、猿年の子が多いので、”猿の尻笑い” で楽しげな顔。

今年の馬には、”馬の耳に念仏” と ”尻馬に乗れば落ちる”
なるほど、ですよ。
走るばかりじゃなく、よーく考えて動かないとね。


(昨年12月、まーったく記せなかった・・・ 
 年をまたいでなんですが・・・
 覚えのために、あとから記録しておこうと思います。)
| 琴子 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

パトアシュの絵本の時間
パトアシュさんの絵本の時間も、はじまりました。
月に一度、パトアシュさんで開催中の 絵本の時間では、
未就園の子とママに、いろいろな絵本を手にとってもらえたら・・・
という店主の想いに共感して、ちょこっとお手伝い
させてもらっています。

読んだ絵本 今回 読んだ絵本

6〜7冊、絵本を読んで、合間にわらべうたや手遊びもちょっと。
今回は、この時期しかできない、覚えたての しもばしらの手遊びを
しました。
なかなか、マイナーな曲調もよいし、指の運動にも
なりますよ^^

こうして見ると、あかちゃん絵本には、わらべうたから
できあがっている絵本も、たくさんあるんですよね。
今回でいえば、「おいちにのだるまさん」

♪おいちにの だーるまさん、へっこ ぷっと たれた♪

わらべうたの後半部分がかわって、いろいろ展開されています。

ママ世代にも人気の『わたしのワンピース』や『もじゃもじゃ』も
とりまぜて、読んだ絵本は、新旧 いろいろ。

ちょうどこの春入園の 男の子も2人いて、『パンツのはきかた』は
ばっちりできるよというお話も聞きました。

会のあと

今月のパトアシュ絵本 10冊も入れ替わっています。

1月の絵本 こーんな感じ。

楽しんでいただけますように。

 
| 琴子 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

Page: 2/86  << >>

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Trackback

Category

Archives

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode